ABOUT

審査・得点について
各ROUNDの得点は、ジャッジポイント​・オーディエンスポイント​を合わせた100点満点で計算します。JUDGE4名は​、DANCER JUDGE 2名​・ENTERTAINER JUDGE 2名​で構成されます。​​
100点満点
  • ジャッジポイント​
    JUDGEは1名/20点満点で採点します。
    ジャッジポイント​
  • オーディエンスポイント​
    オーディエンスポイントは、アプリの有料会員の方々の投票をポイントに換算します。
    オーディエンスポイント​
DANCER JUDGEの審査項目
Dリーグが選定したDANCER JUDGEは、以下の項目に基づき各チームのSHOWについて採点を行います。

1. スキル

スキルとは、各チームのダンサーの一人一人の技や動きのリズム感、基礎力、それらの難易度・完成度を指す。ダンスの最も重要な要素であるリズム感、そして各ジャンルにおいて多数存在する基礎となるあらゆる伝統的な動きなどをどの難易度と完成度で音楽に調和させて駆使できているかを総合的に判断、評価する。

2. クリエイション※DANCER JUDGE用

クリエイションとは、各チーム各ダンサー独自の技や一つ一つの動き、または作品としての革新性、独創性の事を指す。ダンスの世界における伝統的なムーヴやステップに対しての新たな見せ方や音楽のアプローチの仕方、演出方法等、様々な視点においての斬新さを評価する。

3. コレオグラフ

コレオグラフとは、チームごとに用意した楽曲に対する振付、構成、演出の事を指す。楽曲を最大限に活かした振付、人数を駆使したシンクロ度やフォーメーション、チーム独自の世界観の創出、主にそれらの観点から振付力の優劣をつける。また前述した要素が必須ではなく、あくまでそれらを駆使し総合的にそのショーの質そのものを高めた振付を出来たかを評価する。

4. ファッション※DANCER JUDGE用

ファッションとは、各チームの音楽やダンスパフォーマンスの為に用意した衣装の事を指す。派手さや単なる統一性、トレンド性のみを競うものではなく、あくまで総合的にダンスパフォーマンスとマッチングした衣装選び、世界観が創出されているかを評価する。

5. 完成度

完成度とは、一つのショー全てを通して見た時の飽きさせない力量を指す。一作品トータルの流れとして改良の手を加える余地の少なさなどの完成度で評価する。

ENTERTAINER JUDGEの審査項目
Dリーグが選定したENTERTAINER JUDGEは、以下の項目に基づき各チームのSHOWについて採点を行います。

1. エナジー

エナジーとは、ダンス作品として訴えるパワーの事を指す。その作品を通じて生き生きとした様子がどれだけ伝わるか、手拍子を叩きたくなるようなリズム感、人間離れしたエネルギッシュな身体性、はたまた内に秘めたパワー等、様々なエナジー力を評価する。

2. クリエイション※ENTERTAINER JUDGE用

クリエイションとは、パフォーマンス芸術としての新しさを指し、作品の中に革新性、独創性があるかを評価する。但し単に奇抜な発想や方法を指すものではなく音楽の使い方、演出方法、ダンススタイル自体の見え方等、様々な視点においての斬新さを評価する。

3. 表現力

表現力とは、音楽やその作品の持つ喜び、嬉しさ、悲しみなどの色々な感情やあらゆる考えや思い、ストーリー等をダンスとして表現する事を指す。前述したような感情やストーリー等をより効果的、印象的に表現する事ができていたか、伝えられていたか、その鮮明さを評価する。

4. ファッション※ENTERTAINER JUDGE用

ファッションとは、個性的かつ創造的に作品を表現・翻訳するための容姿・衣装のことを指す。ダンスのスキルや振付とは別にビジュアル自体が作品を表現しているか、観客が作品に引き込まれるようなビジュアルとなっているかを評価する。

5. 完成度

完成度とは、一つのショー全てを通して見た時の飽きさせない力量を指す。一作品トータルの流れとして改良の手を加える余地の少なさなどの完成度で評価する。